淋病・淋菌感染症の症状

淋病・淋菌感染症の症状:男性編

淋病は代表的な性病のひとつです。男性の場合は感染してから、2日目から7日目に症状が出ます。

淋病にかかると、排尿時に痛みを感じたり、陰茎の先端から黄色い膿が出たます。性器に赤みや痒みなどが見られることもあるのです。

クラミジア感染症と似ていますが、淋病のほうが痛みや痒みなどが強いです。

女性に比べると男性のほうが感染に気付きやすいので、病気が疑われる場合は、早期に受診し、治療を開始しましょう。

淋病の診察や検査は、痛みなどはなく、体に負担が少ないです。

専門クリニックや泌尿器科の医療スタッフは、性病の検査や診察に慣れています。恥ずかしさを感じる必要はありません。

性病は性行為が原因で発症します。複数の異性と性行為をしようにしましょう。

また、病気を予防するためには、必ずコンドームを装着しましょう。オーラルセックスなどは避けたほうが良いでしょう。

感染を拡大させないために、早期発見・早期治療が大切です。

淋病・淋菌感染症の症状:女性編

淋病は代表的な性病のひとつです。

女性の場合も男性と同様に、2日目から7日目に症状が出ます。

淋病にかかると、排尿をする時に痛みを感じたり、外陰部に痒みを感じたりします。また、おりものの量が増えたり、臭いが強くなったりもするのです。

女性の場合、男性に比べると症状が軽いため、感染に気付くのが遅れることもあります。

淋病は、クラミジアと症状が似ていますが、放置をすると不妊などの原因になります。

また、大切なパートナーを感染させる可能性があるので、早めに専門クリニックを受診して検査を受けましょう。

病気が診断されると内服薬を処方してくれるので、改善してくるまでは根気よく続けましょう。

淋病は性行為で感染する病気なので、複数の異性と交渉を持たないようにしたり、オーラルセックスなどは避けたほうが良いでしょう。

現代は優れた医薬品が開発されているので、正しく服用を続けると治癒する確率が高いです。

早期発見、治療が大切な病気です。

性行為を持つ時は必ずコンドームを装着させることが大事です。

梅毒の症状

梅毒の症状:男性編

梅毒の症状は「3」に注意が必要です。

梅毒では、性交後3週間、感染後3か月や3年目がポイントとなります。

まずは、性交後3週間目に着目しましょう。梅毒に感染すると、外陰部に5~20ミリくらいの硬いしこりができます。

これを、初期硬結といいます。

このしこりは、2~3週間でそのうち自然と消えます。

男性の場合は、陰茎や唇にできることが多いです。

しかし、このしこりが潰瘍となって瘢痕化することがあります。

これを、硬性下疳といいます。

硬性下疳は、痛みを伴わないまま消えることが多く、気付きにくいのです。

しかし、感染から3か月ほどすると、微熱や倦怠感が出てきます。

また、赤紫色の発疹が顔や首や胸や背中、手足などに出るのです。

痛みやかゆみはなく、2週間から3週間で消えます。

また、陰茎や肛門に扁平コンジローマと呼ばれるイボができます。

感染から3年ほど経つと、皮下や骨、肝臓にゴム種ができるのです。

梅毒では、それぞれの症状を見逃さず、早期治療を行う必要があります。

上記のいずれかの症状が出た場合、すぐに病院に行き、医師に判断を仰ぎましょう。

梅毒の症状:女性編

女性の場合も、男性とほぼ同じような症状が出ます。

性交後3週間、3か月、3年目がポイントとなる点も同じです。

3週間、3か月目が早期梅毒、3年目以降が晩期梅毒と言われています。

1993年以降、梅毒の患者数は1000人未満でした。しかし、2013年に1000人を超え、感染者が増加しています。

2017年では、5000人を超えています。

感染拡大の原因は、性行為がファッション化して不特定多数との性交が増えたことや、オーラルセックス・アナルセックスなどが一般化したからです。

オーラルセックスやアナルセックスのため、初期硬結が肛門や口腔内に生じることも増えました。

感染初期で生じる硬結は、すぐに消えてしまうので、気づきにくいです。

しかし、3か月目になると、微熱や倦怠感が生じます。できれば、このタイミングまでに受診し、治療の開始が望まれます。

梅毒の治療薬は多く開発されているので、梅毒は治せます。

体に何らかの不調を感じたら、早急に受診しましょう。

性器クラミジアの症状

性器クラミジアの症状:男性編

性器クラミジア感染症は、性感染症で最も感染することの多い病気です。

性器クラミジア感染症は、およそ1週間から3週間の潜伏期間を経て発症します。

男性の場合は、症状が全く出ない割合がおよそ半分です。症状が出たとしても、尿道のかゆみや排尿時の痛み、睾丸が圧迫されたような痛みを感じます。

炎症が起きて尿道から膿が出てくる場合もあるのです。

性器クラミジア感染症は、放置すると、精巣上体炎の原因になります。

精巣上体炎になると、精液の中に精子がいない状態になり、不妊の原因にもなります。

あるいは、発熱のため精子を作る力がなくなってしまうこともあるのです。

また、クラミジアは、ペニスではなく口内に感染していることがあります。

例えば、性器クラミジアに感染している女性の性器周辺に口を接触させると、口内にクラミジアが感染します。

口内に感染すると、喉や扁桃腺に腫れて痛みが出てきます。

これらは風邪薬を飲んでも治りません。

性器クラミジアの症状:女性編

性器クラミジア感染症は、男性よりも女性の方が粘膜の面積が多いため、感染しやすいです。

また、膣から子宮までクラミジアが移りやすく、重症化しやすいと言われています。

性器クラミジアに感染してしまうと、まず子宮頸管で炎症が起き、おりものが増えます。

他にも、腹部の痛みや性交痛などが生じます。

8割ほどの女性は感染していても症状が出ません。

しかし、そのまま治療せず放置すると、クラミジアが子宮の奥にまで入り込み、卵管で炎症を起こす危険があるのです。

卵管で炎症が起きると、腫れて卵子が通れなくなり不妊の原因となります。

自覚症状がなくとも、炎症が起きていることがあるので、病院でよく検査しなければいけません。

性器クラミジアは、放置すると、子宮外にある肝臓などの臓器に移ります。

子宮外の臓器に感染すれば、激しい痛みを感じるのです。

炎症によって、癒着が起きてしまうと、手術をしなければ完治できません。

また、性器クラミジアは、オーラルセックスをする際、口腔内に感染します。

この場合、喉や扁桃腺に腫れや痛みが現れるのです。

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスの症状:男性編

性器ヘルペスは、感染力が強いウィルスで、症状が出ていない場合でも感染している場合があります。

男性器の性器ヘルペスは、男性器の表面に痛みやかゆみなどを感じたり、水膨れなどができます。

発症後、ある程度の日数が経つことで状態が悪化してくる場合には、水ぶくれがやぶれて皮膚がただれるのです。

その場合は痛みもより強くなります。

性器ヘルペスになると、亀頭や陰茎、亀頭を包む皮の部分などに症状が出ます。

男性器ヘルペスは、治療などを行って回復したとしても、その後再発する可能性があるので、注意が必要です。

特に、免疫力が低下した状態などでは再発しやすいと言われています。

ウィルスの活性化を防ぐためにも、食生活や生活習慣などもチェックして健康を維持する必要があるのです。

できるだけ健康状態を保つように、健康管理をしっかり行いましょう。

また、性行為によって相手に感染させないためにも、コンドームを着用しましょう。

性器ヘルペスの症状:女性編

女性器のヘルペスの症状は、大陰唇や小陰唇、膣口などに赤いブツブツや水ぶくれができます。

いずれも痒みを伴います。

状態が悪化することにより、皮膚がただれ、発熱などを引き起こします。

できるだけ悪化を防ぐためにも、健康管理を行い、ウィルスの活性化を防ぎましょう。

また、医療機関できちんと治療を受けないと完治しにくいです。

悪化を防ぐためにも、そしてより早く完治させるためにも、適切な治療を行いましょう。

性病にかかると、心理的にも病院には行きにくいです。

しかし、我慢したからといって状態が回復するとは限りません。

むしろ、悪化させてしまう可能性のほうが高いです。

無理をせず、きちんと専門の医師による治療を受けましょう。

また、女性器のヘルペスも、再発します。

再発の予防のためにも、生活習慣の改善をしてみましょう。

他にも、ストレスや疲労のたまらない生活環境を整えていくことなど、回復後の予防策が必要になるのです。