梅毒の症状

梅毒の症状:男性編

梅毒の症状は「3」に注意が必要です。

梅毒では、性交後3週間、感染後3か月や3年目がポイントとなります。

まずは、性交後3週間目に着目しましょう。梅毒に感染すると、外陰部に5~20ミリくらいの硬いしこりができます。

これを、初期硬結といいます。

このしこりは、2~3週間でそのうち自然と消えます。

男性の場合は、陰茎や唇にできることが多いです。

しかし、このしこりが潰瘍となって瘢痕化することがあります。

これを、硬性下疳といいます。

硬性下疳は、痛みを伴わないまま消えることが多く、気付きにくいのです。

しかし、感染から3か月ほどすると、微熱や倦怠感が出てきます。

また、赤紫色の発疹が顔や首や胸や背中、手足などに出るのです。

痛みやかゆみはなく、2週間から3週間で消えます。

また、陰茎や肛門に扁平コンジローマと呼ばれるイボができます。

感染から3年ほど経つと、皮下や骨、肝臓にゴム種ができるのです。

梅毒では、それぞれの症状を見逃さず、早期治療を行う必要があります。

上記のいずれかの症状が出た場合、すぐに病院に行き、医師に判断を仰ぎましょう。

梅毒の症状:女性編

女性の場合も、男性とほぼ同じような症状が出ます。

性交後3週間、3か月、3年目がポイントとなる点も同じです。

3週間、3か月目が早期梅毒、3年目以降が晩期梅毒と言われています。

1993年以降、梅毒の患者数は1000人未満でした。しかし、2013年に1000人を超え、感染者が増加しています。

2017年では、5000人を超えています。

感染拡大の原因は、性行為がファッション化して不特定多数との性交が増えたことや、オーラルセックス・アナルセックスなどが一般化したからです。

オーラルセックスやアナルセックスのため、初期硬結が肛門や口腔内に生じることも増えました。

感染初期で生じる硬結は、すぐに消えてしまうので、気づきにくいです。

しかし、3か月目になると、微熱や倦怠感が生じます。できれば、このタイミングまでに受診し、治療の開始が望まれます。

梅毒の治療薬は多く開発されているので、梅毒は治せます。

体に何らかの不調を感じたら、早急に受診しましょう。