性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスの症状:男性編

性器ヘルペスは、感染力が強いウィルスで、症状が出ていない場合でも感染している場合があります。

男性器の性器ヘルペスは、男性器の表面に痛みやかゆみなどを感じたり、水膨れなどができます。

発症後、ある程度の日数が経つことで状態が悪化してくる場合には、水ぶくれがやぶれて皮膚がただれるのです。

その場合は痛みもより強くなります。

性器ヘルペスになると、亀頭や陰茎、亀頭を包む皮の部分などに症状が出ます。

男性器ヘルペスは、治療などを行って回復したとしても、その後再発する可能性があるので、注意が必要です。

特に、免疫力が低下した状態などでは再発しやすいと言われています。

ウィルスの活性化を防ぐためにも、食生活や生活習慣などもチェックして健康を維持する必要があるのです。

できるだけ健康状態を保つように、健康管理をしっかり行いましょう。

また、性行為によって相手に感染させないためにも、コンドームを着用しましょう。

性器ヘルペスの症状:女性編

女性器のヘルペスの症状は、大陰唇や小陰唇、膣口などに赤いブツブツや水ぶくれができます。

いずれも痒みを伴います。

状態が悪化することにより、皮膚がただれ、発熱などを引き起こします。

できるだけ悪化を防ぐためにも、健康管理を行い、ウィルスの活性化を防ぎましょう。

また、医療機関できちんと治療を受けないと完治しにくいです。

悪化を防ぐためにも、そしてより早く完治させるためにも、適切な治療を行いましょう。

性病にかかると、心理的にも病院には行きにくいです。

しかし、我慢したからといって状態が回復するとは限りません。

むしろ、悪化させてしまう可能性のほうが高いです。

無理をせず、きちんと専門の医師による治療を受けましょう。

また、女性器のヘルペスも、再発します。

再発の予防のためにも、生活習慣の改善をしてみましょう。

他にも、ストレスや疲労のたまらない生活環境を整えていくことなど、回復後の予防策が必要になるのです。