異常行動をとる人たちのイラスト

異常行動、自殺、様々なことで話題のぼるタミフル。インフルエンザ特効薬とも言えるはずのこの薬はどうしてこんなに危険視されているのか?!異常行動はタミフルのせいなのか?!タミフルにまつわる噂を徹底解明します。

感染成立したらタミフル服用、地図で見る感染区域

現時点で、インフルエンザに対し最も効果的な治療薬は、タミフルとされています。
こうした、インフルエンザウイルスに効果のあるタミフルは、症状を改善してくれることから、多くの現場で用いられています。
ただし、タミフルには良い面のみがあるわけではありません。
猛威をふるい、手が付けられないインフルエンザウイルスを抑制するという点を重視して生み出されたので、副作用の研究が疎かにされてきた面があります。
結果的に、一般的に普及した後は異常行動などが見受けられるケースが多く、不安に感じる点があります。
タミフルは、インフルエンザウイルスに対し、とても高い効果が得られる薬ではありますが、異常行動との関係性が年々深まっているというのも事実です。
とても効果的である反面、使用に際しては疑心暗鬼の目が向けられることもあり、一刻も早く効果的な対策を行ってほしいと訴える医療現場も多いです。
このような声を受け、タミフルと異常行動についての関係性を日夜研究しているものの、タミフル自体の歴史が浅く不明瞭な点が多いので、確信的な判断ができていないというのが現状です。
タミフルの利用に際して使用するマニュアルには、妄想をはじめ痙攣や嗜眠というような、精神や神経に直接的な影響が及ぶ可能性があることが記載されています。
これらは、新聞などで報じられる異常行動を指し示していると思われますが、症状が発生する頻度はわからないと言われています。
特に、子供にはタミフルによる影響が見受けられやすく、普段とは異なる行動を起こす場合があります。
インフルエンザになってしまうと、高熱が原因で幻視や幻覚をみる恐れがあります。
こういったインフルエンザが原因の症状が、薬の責任にされているという可能性も捨て切れません。