異常行動をとる人たちのイラスト

異常行動、自殺、様々なことで話題のぼるタミフル。インフルエンザ特効薬とも言えるはずのこの薬はどうしてこんなに危険視されているのか?!異常行動はタミフルのせいなのか?!タミフルにまつわる噂を徹底解明します。

タミフルには必要ない税区分、医薬品の消費税

インフルエンザは、一般的な風邪と比較した場合、症状が重くなりやすく、高い熱が出るので、より一層苦しく辛いものです。
インフルエンザの治療薬として有名なのが、タミフルです。
タミフルが、治療薬として効果を発揮するためには、服用するタイミングに全てがかかっています。
誤解している方が多いですが、タミフルという治療薬は、ウイルスを撃退させるために作用するのではありません。
撃退ではなく、増殖を抑制してくれる薬です。
つまり、インフルエンザウイルスが増殖し終えてから、タミフルを服用しても効果が得られないのです。
タミフルによる恩恵が受けられるのは、インフルエンザ発症後48時間以内です。
しかも、タミフルを飲んだからといって、確実に効果が得られるとも言い切れないのが実情です。
そして、A型とB型に対し効果があるものの、A型は特性上変異しやすいので、すぐに治療薬に耐性のあるウイルスに変わってしまいます。
いわゆる、薬とウイルスのイタチごっこのようになってしまうので、早い時期に適切な方法で利用したとしても、必ず効果が得られるとは言い切れないのです。
ただし、C型でなければ全く効果が得られないということはなく、たとえ効きにくかったとしても、解熱時間などが短縮することができます。
さらに、重症化もしくは合併症の恐れも減らせるので、医者としっかりと相談した上で、得られる効果の方が多いのであれば、タミフルを服用することを選択肢に入れましょう。
現時点では、インフルエンザに対し、効果がある市販薬は存在していないので、どうしてもタミフルに頼りがちになってしまいます。
心配事が多い薬ではあるものの、高い効果が得られるので、前向きに飲用を検討してください。